小野瀬歯科医院|茨城県龍ヶ崎市にあるセラミック、インプラント、審美歯科、土曜・日曜診療をしています。

医療法人社団 弘快会 小野瀬歯科医院

診療案内

  • HOME
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 設備紹介
  • 今月のベストフォト
  • 診療案内
      • プレミアムセラミック
      • インプラント
      • 歯科用CT
      • 審美歯科
      • レーザー治療
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • リンク集

インプラント

インプラント(lmplant=植えつける)は、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。

手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のように咬むことができます。つまり、咬むことの機能性と見た目の審美性をともに回復できます。

インプラントと従来の治療法の違い

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする『ブリッジ』、または『総入れ歯』や金具で固定する『部分入れ歯』などがあります。 しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。
また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。

こうした問題を解決するのがインプラントです。

インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。
また、残っている歯にかかる負担が少ない治療法です。

インプラント治療一例

左下奥歯の症例です。むし歯が進行し保存が困難なため、抜歯してからのインプラント治療です。

術前

術前

1回目

1回目

2回目

2回目

術前

術前

1回目

1回目

インプラントの素材

インプラントは、体内で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。

チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

インプラントの適応症

インプラントの適応症01

健康な歯を削らない治療がしたい。

歯が一本抜けた場合、両隣りの健全な歯を削ってブリッジにします。

両隣りの健全な歯を削りませんので 歯の抜けた所へインプラントを埋入し、自然な歯の形を作ります。

インプラントの適応症02

入れ歯の違和感や痛みから解放されたい。

入れ歯を不快に感じたり、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。

歯の抜けた所へインプラントを埋入します。

金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のように咬むことができます。

インプラントの適応症03

長期的なスパンで治療が出来る。

インプラント体と骨が結合する期間が約3~6ヶ月あります。

その間、精密な人工の仮歯で不自由なく過ごしていただけます。また、治療回数は他の治療とさほど変わりません。

インプラントの適応症04

外科的治療も熟練した医師であれば安心。

インプラントはあごの骨に人工のチタンを埋めるため、外科手術が必要です。

当院の熟練した医師が適切な診断と最高の技術で施術をしますのでご安心ください。

インプラント治療の流れ

診断と説明

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行います。

インプラントに熟知した歯科医師から治療計画についての説明を受けます。

費用や疑問なども、この時にご相談させていただきます。

インプラント埋入

診断結果からインプラントを適切な場所に埋入します。

あごの骨にしっかりと結合されるまでの約3~6ヶ月の期間は、精密な仮の歯で過ごしていただきます。

その間の口腔ケアも大変重要です。

補綴物の装着

インプラントの歯根がしっかりとあごの骨と結合した後、天然歯と見分けのつかない人工の歯をかぶせます。

定期健診とアフターケア

インプラント治療後のアフターケアは、インプラントを一生ご自分の歯として長持ちさせるために非常に重要です。

当院で専門家が指導する正しいブラッシングを継続していただくとともに、半年に一度は定期検診を受けましょう。

お気軽にお問合せください

ご予約・ご相談 0297-62-0130

平日・日曜:
9:00~13:00/15:30~18:00
土曜:
9:00~12:00/14:00~17:30
休診日:
木曜・祝祭日
〒301-0012 茨城県龍ヶ崎市上町4248-1 
TEL: 0297-62-0130/FAX: 0297-64-8448

おかげさまで当院は、祖父の代よりこの地で100年間、多くの方に支えて頂き今日までまいりました。歯科従事者として、常に患者様の歯と健康を考えて診療しております。『歯を抜いてください』といわれた場合でも、それがご本人の歯や健康に悪影響を及ぼすのであれば抜きません。そして、治療する前に理解し納得して頂けるようにしっかり相談と説明をいたします。歯は大事な体の一部です。“いくつになっても、きれいで健康な歯でいて欲しいから”それが、私どもの使命です。