小野瀬歯科医院|茨城県龍ヶ崎市にあるセラミック、インプラント、審美歯科、土曜・日曜診療をしています。

医療法人社団 弘快会 小野瀬歯科医院

診療案内

  • HOME
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 設備紹介
  • 今月のベストフォト
  • 診療案内
      • プレミアムセラミック
      • インプラント
      • 歯科用CT
      • 審美歯科
      • レーザー治療
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • リンク集

審美治療

歯にコンプレックスを持っている方は、時に人前で自然に笑うことをためらったり、口元を隠して会話をしてしまいまいがちです。やがて人と人とのコミュニケーションが億劫になり、精神的に辛い思いをされる場合もあるでしょう。

しかし、歯が健康で綺麗であるだけで自然と笑顔と自信を取り戻し、全身の健康へと導きます。

審美歯科とは見た目の美しさだけだなく機能性も追及し、咬み合わせ不良や心的問題により影響を受ける様々な身体のバランスを改善させていただく治療です。

審美補綴治療

術前

術後

術前

術後

術前

術後

オールセラミッククラウン(費用:9万円~)

むし歯を大きく削り、残りの歯の部分が弱くて、ラミネートが向かない場合に用います。

金属を使用しないため、見た目の透明感のある白い歯はもちろん、咬む力も取り戻せます。

ラミネート(費用:9万円~)

付け爪のようなラミネートを歯の表面に張りつけて歯を白くする治療です。

セラミックインレー(費用:4万円~)

むし歯を削った穴のところにセラミックを詰め、綺麗にする方法です。

むし歯の治療痕を綺麗にすることもできます。

金属と違って、天然歯と同じような白い歯になります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは過酸化水素水を主成分とするジェルを使って歯のエナメル質に変化を生じさせて、光の乱反射により、輝きながら白く見えるようにすることです。

一般的に歯のホワイトニングには歯科医院内で行われるオフィスホワイトニングと、自身で行うホームホワイトニングとの2通りの方法があります。

ホームホワイトニング

当院で歯のクリーニングを行い、自分専用のマウストレーを製作し、ご自宅で行っていただくホワイトニングです。

ホワイトニングジェルをマウストレーに塗布し歯に装着します。

通常1日2時間以内で2週間行っていただきます。

後戻りも緩やかなのでゆったりとした気分でホワイトニングを楽しめます。

しかし、基本的に歯が元に戻る性質がありますから、効果を持続するには定期的に行う必要があります。

ビビットホワイトニングシステム

Vividはホワイトニングのモチベーションを上げ、好きな時間に効果の即効性と確実性を体感していただけるものにしました。

  • リップリトラクター(開口器)をつけてください。歯面の水分をティッシュで拭き取ってください。
  • 指定のホワイトニングジェルのフタに付いたブラシで歯面にジェルを均等に塗り付けてください。
  • Vividで照射をしてください。(夏場は5分 冬場は8分が目安です)
  • ホワイトニングジェルが白く変色したのを確認して歯ブラシで軽くハミガキをして終わりです。

【ポイント】

毎日使用していただいても問題はありません。

早い効果を望まれる場合は1日に数回行なってください。

知覚過敏が生じた際は、痛みのある期間使用を中止していただき、
回数を減らすことをおすすめします。

オフィスホワイトニング

当院で歯のクリーニングを行い、比較的高濃度の過酸化水素水を用いて、
ハロゲンライトやLEDライトの照射によるホワイトニングです。

即効性がありますが、後戻りと言われる元の歯の色を再現してしまう
時間も早いので、白さを継続させるには定期的な通院が必要となります。

お気軽にお問合せください

ご予約・ご相談 0297-62-0130

平日・日曜:
9:00~13:00/15:30~18:00
土曜:
9:00~12:00/14:00~17:30
休診日:
木曜・祝祭日
〒301-0012 茨城県龍ヶ崎市上町4248-1 
TEL: 0297-62-0130/FAX: 0297-64-8448

おかげさまで当院は、祖父の代よりこの地で100年間、多くの方に支えて頂き今日までまいりました。歯科従事者として、常に患者様の歯と健康を考えて診療しております。『歯を抜いてください』といわれた場合でも、それがご本人の歯や健康に悪影響を及ぼすのであれば抜きません。そして、治療する前に理解し納得して頂けるようにしっかり相談と説明をいたします。歯は大事な体の一部です。“いくつになっても、きれいで健康な歯でいて欲しいから”それが、私どもの使命です。